Home > 事業告知 Archive

事業告知 Archive

武田邦彦氏による講演会のお知らせ

2014年度会員拡大事業 市民向け講演

「たかじんのそこまで言って委員会」や「ほんまでっかTV」でおなじみの

武田邦彦氏による「環境問題」及び「人生論」に関する講話

~河内長野市で武田邦彦氏の話を「生で」聴くことができます~

● こどもたちの未来のために、今こそ環境問題を考えよう

● 「辛い人生を楽しい時に」 ~今、考えたいこと~

「環境問題に関する講話」と聞くと、何やら難しい話を想像するかも知れませんが、この講演では、「間違いだらけの環境問題」や「家庭で行う正しいエコ生活」等をテーマに、楽しくて分かりやすいお話をしていただきます。
また、「辛い人生を楽しい時に」「社会を明るくする方法」といった、武田氏にしかできない明るく前向きな人生論もたっぷり語っていただきます。この講演を聴けばあなたの人生観も変わるかも!?

めったにない機会です。是非ご参加ください。

日時:平成26年9月10日(水曜日)

午後7時00分~午後9時00分(開場は午後6時30分)

場所:河内長野市立文化会館「ラブリーホール」小ホール

河内長野市西代町12番46号

※ 駐車スペースには限りがあります。公共交通機関のご利用をお願いいたします。

内容:武田邦彦氏による「環境問題」及び「人生論」に関する講話
硬く難解な話ではなく、武田氏ならではのざっくばらんな分かりやすい講話です。
費用:無料
定員:464名(事前申し込みは必要ありません。お気軽にお越しください。)

※会場が満席になった場合は、ご入場いただけない場合があります。悪しからずご了承ください。

主催:一般社団法人河内長野青年会議所

河内長野市昭栄町8番16号 ☎0721-53-7000

後援:河内長野市
お問い合わせ先:一般社団法人河内長野青年会議所 ☎0721-53-7000

※お電話は、月曜日または金曜日の午前11時から午後4時の間にお願いいたします。

※ラブリーホールへのお問い合わせはご遠慮ください。

~青年会議所(JC)とは~

「明るい豊かな社会の実現」を理想とし、次代の担い手たる責任を持った20才から40才までの青年の団体です。志を同じくする者が集まって、自己啓発・修練に努め、培われた力を用いて地域社会に奉仕すべく、様々な社会貢献事業を行っています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

2013年度社団法人河内長野青年会議所事業 LOVE❤コン ~お見合いパーティー~

◆【事業名称】  LOVE❤コン ~お見合いパーティー~   ◆【事業目的】 社会開発には力強い河内長野が不可欠である。しかしながら、 地域の弱体化は進行しているように感じます。その大きな要因は人口の減少にあり、特に我々と同じ世代が地域を離れていったことも影響を与えていると考えられる。そこで交流を深める場を我々が提供することにより、地域活性化の一助になるとする事を目的とする。そこで、婚活に注目し、地域での出会いを通じて地域に根付く人材を育てる機会にいたします。それはまた、我々の長期計画にある「JC世代の多く住む町 河内長野の実現」に通じるものがあります。  ◆【事業開催日時】  2013年 9月 28日 土曜日 /  19時 00分 ~ 21時 30分 (受付)18:30 ◆【事業開催場所】 てんとう虫パークBIGSTAGE河内長野店大阪府河内長野市原町4丁目2−3 0721-52-0225     ◆【参加対象者及び予定人数】  対象参加者条件 1.20才~45才 (男40名 対 女40名)2.大阪府内及び河内長野市周辺に居住もしくは勤務の方3.未婚者の方に限ります。参加費:1名 2000円(入場料・フリードリンク・軽食費込み)多数のご参加お待ち申し上げております。

2013年度 4月定例会

社団法人河内長野青年会議所 2013年度 4月定例会
テーマ
「築こうドミノ。繋ごう絆。」
日 時:201344日(19002130(受付1830
場 所:河内長野市立長野中学校 体育館
「築こうドミノ。繋ごう絆」というテーマで、ドミノ倒しを作製しやり遂げる困難さ、やり遂げた達成感をメンバー全員で体感して頂きます。理事長所信にある「自分ひとりだけがいい」という心を払拭し、「絆を深める」目的で開催させて頂くこととなりました。
何卒皆様方のご出席を心からお待ち申し上げております。

2013年度 3月定例会テーマ「未来につなげろ、河内長野の仲間力」

◆【事業名称】
3月定例会
【事業目的】
会員拡大が急務とされる状況下、その第一歩として仲間を集める方法、仲間と助け合う方法、仲間と信頼を強化する方法、仲間と一緒に成長する方法を、社会ネットワーク分析が専門である安田雪女史に「ワンピース」を題材としてご講演していただき、私達が日常の生活を生きるヒントにして魅力のある人材となり、先輩方から引き継いだ社団法人河内長野青年会議所を次の世代に託すため、山崎理事長のもと向かうべき方向を定め、絆という旗を掲げて会員拡大に対する意識を向上させる事を目的とします。
◆【事業開催日時】
201337曜日  / 1900分~ 2130
◆【事業開催場所】
河内長野市立市民交流センター(キックス)中会議室AB
河内長野市昭栄町71号 TEL0721-54-0001
◆【外部協力者、協力団体及び協力種別】
関西大学社会学部教授 安田 女史
◆【テーマ】
『未来につなげろ、河内長野の仲間力』
◆【形式】
講師例会

講師プロフィール

安田雪(やすだ ゆき)女史

関西大学社会学部教授。1963年東京生まれ。京都在住。

国際基督教大学教養学部卒業。コロンビア大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。
東京大学大学院経済学研究科・ものづくり経営研究センターなどを経て現職。

人や組織のつながりかたを考察する「社会ネットワーク分析」が専門。
ネットワークの形が人や組織に及ぼす影響力を、大学、企業、NPOなどと連携して研究している。

ONE PIECE』研究にも定評があり、

NHK『クローズアップ現代~漫画ワンピースメガヒットの秘密~』(20112月放送)に出演。

ルフィとロビンとの関係の進展を例にした「ゆるぎない信頼」についての独自の

解説は、大きな反響を呼んだ。

著書に『パーソナルネットワーク』『ネットワーク分析』(ともに新曜社)、

つながりを突き止めろ』(光文社)等がある。

2013年度 2月定例会 テーマ「まちの活性化は、まずは個々のお店から!」

2013年度 2月定例会
テーマ
「まちの活性化は、まずは個々のお店から!」
講師:経営コンサルタント
株式会社 アチーブメント・ストラテジー社
代表取締役 富田 英太氏
◆【事業開催日時】
2013年2月7日木曜日 / 19時00分~ 21時30分

◆【事業開催場所】

河内長野市立市民交流センター(キックス)中会議室AB
河内長野市昭栄町7番1 TEL0721540001
本定例会では、「まちの活性化は、まずは個々のお店から」について経営コンサルタントの講師であります富田 英太氏をお招きし、メンバー個々の事業所の発展と成長、そして真のオピニオンリーダーとしての資質を高め、まちの活性化に努め地域社会に貢献できる団体となることを目的とする。

7月公開定例会

多数のご参加賜りました事、感謝お礼申し上げます。

社団法人河内長野青年会議所 7月公開定例

テーマ:We are シンセキ! 

ラジオDJでもある山本シュウ氏を定例会にお迎えしご講演頂き、我々子育て世代であるからこそ考えられる親と子の関係や教育の在り方、また安心して子供を育てられるまちづくりへの一助とし、子供達を見守る上でほんの些細な異変やサインに気付いてあげられる大人であり続ける大切さを学ぶ事を目的とさせて頂きます。

 

◆【事業開催日時】

200974日 曜日 / 一般受付1330分   1400分~1630

◆【事業開催場所】

河内長野市立市民交流センター  キックス 大会議室AB

 

入場無料(定員100名)

一般公開しておりますので何方でもご参加下さい。

入場は、先着順とさせて頂き、会場が満席になり次第お断りさせて頂きます。

ご理解ご了承頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

公共交通機関をご利用の上ご来場下さい。 

お問い合わせ先:社団法人河内長野青年会議所
〒586-0025 河内長野市昭栄町8-16
TEL:0721-53-7000

3月定例会 

~犯罪被害から見る地域コミュニティーの重要性~
「地域の子どもは地域で守る!!」

社団法人河内長野青年会議所3月定例会 公開講演会

~犯罪被害から見る地域コミュニティーの重要性~

子どもの安全は大人が自覚して地域全体で取り組む問題ではないでしょうか。 ぜひ、この機会を通じて地域で、大人どうしで、そして親子で子どもの安全について語り合ってみませんか?

2009年3月5日 木曜日   入場無料(定員100名)

PM:6:30受付開始 PM:7:00開会 PM:9:00閉会

河内長野市市民交流センター(キックス)大会議室AB

河内長野市昭栄町7-1 0721-54-0001

後援 河内長野市 河内長野市教育委員会

会場の都合により、ご参加希望にお応えできない場合があります。あらかじめご了承ください。

 

講師 本郷 紀宏氏2001年6月8日に発生した大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件において、長女優希(ゆき)ちゃん(当時小学校二年生 7歳)を亡くされました。現在、このような事件による悲劇が二度と起きないようにと、「子どもの安全を守る」をテーマに、全国各地(これまでに北は青森県から南は沖縄県まで)で講演活動をなさっています。

11月定例会

過去、現在、未来に向けたマチヅクリ  
   ~千早赤阪村との合併問題を考える~

 

 

 

【事業目的】

平成11年からスタートした平成の大合併において、これまで全国に3232あった市長村が、平成20年11月1日には、1784市町村まで減る予定です。

河内長野市も例外ではなく千早赤阪村との合併協議が進められております。

このような状況の中で、本年度理事長所信にもあるように、明るい豊かな町づくりを目指すわれわれ河内長野青年会議所は、この度の合併問題から目をそむけるわけにはいかないと考えます。

またすべてのJCメンバーに河内長野市と千早赤阪村との合併協議の状況を知っていただくことが、オピニオンリーダーであるJCメンバーの務めと考えております。

そこで本年度総務広報委員会としては、合併問題を所管する河内長野市企画総務部の職員をお招きし、詳細を説明していただき、現状を把握し理解を深めることで今後の町づくりの方向性を考える為の一助とする。

【形式】
講師例会

【事業概要】

①市役所職員の方に千早赤阪村との合併協議の現状を説明していただく。

②他市の合併前と合併後の状況を説明していただく。

③現在、市民から寄せられている意見を公表していただく。

④前もって合併問題に対する質問をメンバーの皆さんに提出していただき、集めた質問を企画総務部に提出します。提出した質問の返答を定例会時にしていただきます。

開催日時 : 2008年11月6日(木)19時00分~21時30分
開催場所 : 河内長野市市民交流センター(キックス)中会議室A・B
参加予定人数 : 35名(正会員 30名/特別会員 5名) 
講師    : 小川 祥氏 (河内長野市役所企画総務部職員)

 

 

10月定例会

 「知っておこう!裁判員制度」

【事業目的】

平成16年5月21日に「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、平成21年5月21日から裁判員制度が実施されます。裁判員制度とは,国民が裁判員として刑事裁判に参加し、被告人が有罪かどうか、有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めていく制度です。
 国民が刑事裁判に参加することにより,裁判が身近で分かりやすいものとなり、司法に対する国民の信頼の向上につながることが期待されておりますが、実際制度開始1年をきった今、メンバーの皆さんはどれだけ裁判員制度について知り、理解しているでしょうか。われわれJCメンバーも地域の発信リーダーとして、もし裁判員に選任された場合に適切に対処出来るようあらかじめ制度の知識を理解しておく事が必要かと思われます。今回弁護士である山西正裕氏をお迎えし、裁判員制度に関する講演をして頂く事で制度に関する知識を習得する事を目的とする。

【形式】
講師例会

【事業概要】
①弁護士である山西正裕氏に平成21年5月21日よりスタートする裁判員制度について講演して頂きます。
②裁判風景など裁判の基本より講演して頂きます。
③講演終了後、質疑応答の時間を設けて裁判に関する自分なりの疑問点を明らかにします。

開催日時 : 2008年10月2日(木)19時00分~21時30分
開催場所 : 河内長野市市民交流センター(キックス)中会議室A・B
参加予定人数 : 35名(正会員 30名/特別会員 5名) 
講師    : 山西 正裕氏 (弁護士)

講師プロフィール

昭和43年 大阪府柏原市生まれ
清風南海高等学校卒業
東北大学法学部卒業
平成15年11月 司法試験合格
平成16年4月  司法研修所(第58期司法修習生)
平成17年10月 弁護士登録(大阪弁護士会)
山西健司法律事務所勤務

 取扱業務:金融法務、一般民事、家事事件、刑事事件
大阪弁護士会 子どもの権利委員会所属 

9月定例会

~地域の命は地域で守る~

本当は知らない震災の恐怖・・・その後

【事業目的】
本年度社会開発委員会では、「愛の鈴」・「こども110番運動」・「児童虐待」そして「小学生ドッジボール大会」などに取り組んでおります。
それら全ての事業、例会の目的には必ず理事長所信にある「自分の子供だけではなく、地域の子供たちを守る。」という意識があります。
しかしそのためには、まずは自らの家族の命、財産を守ることの出来る心構えと準備が必要で、その上で地域に目を向ける行動が可能となると感じます。
近年、上町断層帯による直下型地震、東南海地震の発生やその災害予測がメディアで報道されています。
本定例会では、人と防災未来センターの語り部である谷川 三郎氏をお招きし、自らの震災体験を通じた経験と教訓を語っていただき、メンバーの皆様に迫り来る災害に対し、正しい知識と心構えや準備を把握、理解していただきます。
そして災害時においても地域リーダーとしての実践行動を行うという意識の向上をはかることを目的といたします。

【形式】
講師例会

【事業概要】
①兵庫県が設立した震災記念館、人と防災未来センターの語り部である谷川 三郎氏をお招きし、震災時のビデオを上映し、その後、自身の被災経験と教訓を元に、迫り来る災害までの準備と、心構え、そして実際の災害直後は行政や、消防機関ではなく、地域住民の行動、そして地元JCの協力、それぞれがどれほど重要であったかを語っていただきます。
②講演後、メンバーの皆様に「我が家の防災ノート」を配布し、活用方法の説明をしますので、各ご家庭にてお役立てください。

開催日時 : 2008年9月4日(木)19時00分~21時30分
開催場所 : 河内長野市市民交流センター(キックス)中会議室A・B
参加予定人数 : 35名(正会員 30名/特別会員 5名) 
講師    : 谷川三郎氏 (「人と防災未来センター」語り部)

講師プロフィール
「人と防災未来センター」語り部
谷川三郎氏
昭和11年 大阪府に生まれる
昭和34年 大阪市立大学工学部土木工学科卒業、同年芦屋市役所入所
平成  9年 芦屋市役所退職
平成10年 芦屋市震災復興区画整理審議会委員
平成14年 「人と防災未来センター」語り部

主な講演活動
平成17年11月 静岡県掛川市防災研究会
平成18年 1月 堺市防災講演会
       9月 田尻町防災講演会
平成19年 6月 岐阜県もとす女性防火クラブ研修会
       7月 東京文京区地域防災いどばた会議
平成20年 1月 高槻市防災講演会
       6月 埼玉県川越商工会議所講演会
 
 

 

 

Home > 事業告知 Archive

カテゴリー
最近の投稿

Return to page top