Home > Archives > 2008-03

2008-03

4月公開例会

~聞こえない「助けて」を聞く~
  本当は知らない児童虐待・・・その後

4月公開例会
開催日時 : 2008年4月3日(木)19時00分~21時30分

開催場所 : 河内長野市市民交流センター(キックス)大会議室AB

参加者人数 : 47名(正会員 24名/特別会員 5名/一般 18名) 

 正会員出席率82.7%

講師   :井上 重蔵氏(児童養護施設 高鷲学園園長)

事業目的 :

「いかなる人間も子供たちを傷つけてはいけない。私たちは、自分の子供だけではなく、地域の子供たちを守らなければならない。」私達、社団法人河内長野青年会議所は、この思いを強く持ち、青少年健全育成のための取り組みを進めてまいりましたが、青少年をめぐる問題は、家庭、学校、職場、地域その他社会のあらゆる分野にわたる、広範囲な問題です。今回私たちは、それらの問題の中でも、年々増え続け、メディアでも大きく取り上げられている、「児童虐待」について現実を把握、理解し、今子供たちを取り巻く社会の現状を知ることにより、今後の青少年健全育成事業の充実を図ることを目的とし開催しました。

講師プロフィール


高鷲学園園長 井上重蔵
1943年6月29日(64歳)

1968年 富田林甘南備にあった養護施設・若楠学園に指導員として就職。
1972年 若楠学園と高鷲学園が統合、合併の為、羽曳野市の現在地に移り、高鷲学園の指導員、書記など様々な事に従事する。特に学園を卒業した子供達の援助、指導に努力する。
1984年 高鷲保育園の園長となる。
1989年 高鷲学園の園長として赴任、現在に至る。

Home > Archives > 2008-03

カテゴリー
最近の投稿

Return to page top