Home > Archives > 2008-08

2008-08

9月定例会

~地域の命は地域で守る~

本当は知らない震災の恐怖・・・その後

【事業目的】
本年度社会開発委員会では、「愛の鈴」・「こども110番運動」・「児童虐待」そして「小学生ドッジボール大会」などに取り組んでおります。
それら全ての事業、例会の目的には必ず理事長所信にある「自分の子供だけではなく、地域の子供たちを守る。」という意識があります。
しかしそのためには、まずは自らの家族の命、財産を守ることの出来る心構えと準備が必要で、その上で地域に目を向ける行動が可能となると感じます。
近年、上町断層帯による直下型地震、東南海地震の発生やその災害予測がメディアで報道されています。
本定例会では、人と防災未来センターの語り部である谷川 三郎氏をお招きし、自らの震災体験を通じた経験と教訓を語っていただき、メンバーの皆様に迫り来る災害に対し、正しい知識と心構えや準備を把握、理解していただきます。
そして災害時においても地域リーダーとしての実践行動を行うという意識の向上をはかることを目的といたします。

【形式】
講師例会

【事業概要】
①兵庫県が設立した震災記念館、人と防災未来センターの語り部である谷川 三郎氏をお招きし、震災時のビデオを上映し、その後、自身の被災経験と教訓を元に、迫り来る災害までの準備と、心構え、そして実際の災害直後は行政や、消防機関ではなく、地域住民の行動、そして地元JCの協力、それぞれがどれほど重要であったかを語っていただきます。
②講演後、メンバーの皆様に「我が家の防災ノート」を配布し、活用方法の説明をしますので、各ご家庭にてお役立てください。

開催日時 : 2008年9月4日(木)19時00分~21時30分
開催場所 : 河内長野市市民交流センター(キックス)中会議室A・B
参加予定人数 : 35名(正会員 30名/特別会員 5名) 
講師    : 谷川三郎氏 (「人と防災未来センター」語り部)

講師プロフィール
「人と防災未来センター」語り部
谷川三郎氏
昭和11年 大阪府に生まれる
昭和34年 大阪市立大学工学部土木工学科卒業、同年芦屋市役所入所
平成  9年 芦屋市役所退職
平成10年 芦屋市震災復興区画整理審議会委員
平成14年 「人と防災未来センター」語り部

主な講演活動
平成17年11月 静岡県掛川市防災研究会
平成18年 1月 堺市防災講演会
       9月 田尻町防災講演会
平成19年 6月 岐阜県もとす女性防火クラブ研修会
       7月 東京文京区地域防災いどばた会議
平成20年 1月 高槻市防災講演会
       6月 埼玉県川越商工会議所講演会
 
 

 

 

7月定例会報告  護身術 ~あなたは身を守れますか?守ってやれますか?~

7月定例会

 本定例会では、河内長野警察署にご協力いただき護身術を教えていただきました。講師先生も言っておられましたが、まずは逃げることが一番大切だということ、しかしながらドッチボール大会など青少年を対象にした、事業などもこれから控えております。今回、教えていただいた護身術を使わないのが一番ですが、身の危険を感じた時、子供達に危険が生じた時の心構えだけでも持っていただけたらと思っております。

 最後に本定例会を開催するにあたり、事務局案件ということもあり、例会準備の人数が少なかったため、皆様にご協力いただいた事をこの場を借りまして感謝致します。有難うございました。

事務局

Home > Archives > 2008-08

カテゴリー
最近の投稿

Return to page top