理事長所信

定款諸規定 総会資料

理事長 土井健司

はじめに
青年会議所は世界各地、全国各地に存在し、それぞれの地域で恒久的な世界平和を目指し、青年ならでは情熱溢れる活動を行っています。その青年達の活動の中、全国358番目の青年会議所として一般社団法人河内長野青年会議所が誕生しました。

本年、一般社団法人河内長野青年会議所は創立54年目を迎える事ができました。これも偏に平素より河内長野青年会議所ならびに青年会議所が掲げる「明るい豊かな社会」を実現すべく我々の活動に、ご理解ご協力いただきました河内長野市民の皆様と、行政・各種諸団体の皆様、また志同じくする近隣青年会議所の皆様のおかげであると心から厚く御礼申し上げます。そして、創設時より明るい豊かな社会の実現の為にご尽力された先輩諸兄姉のおかげであると重ねて御礼申し上げます。

    世界各国で、未曾有の新型コロナウイルスが蔓延し我が国にも大きな衝撃を与えており、経済不況や社会情勢の不安定な状況が見受けられる昨今、改めて家族の絆、国民意識や価値観に大きな変化をもたらしたと感じられます。会頭の言葉にもあるように「今までの価値観が変容し、新しい時代を迎えざる得ない時代」と、ニューノーマル時代への変化に対応することが求められています。我々、河内長野青年会議所としてはニューノーマル時代への羅針盤となり地域のオピニオンリーダーとして、明るい豊かな社会の実現に向けて我々が率先し様々な課題にメンバー一丸となり活動しなくてはならないと考えます。

本年は、来年度の創立55周年への足掛かりの年となりますが、我々、河内長野青年会議所の喫緊の課題といたしましては会員数の減少が挙げられます。そこで、本年は「挑戦」とロムスローガンを掲げさせていただき優秀な会員拡大への実行、また、会員減少によりメンバー1人1人の責任と負担が増え、青年会議所活動への余裕が無くなってきていると考え、一昨年から行っております持続可能な青年会議所を実現すべく例会数を削減し、一つの活動への質を高めまた、メンバー自身の資質を高め合い、一つ一つの活動にメンバー一丸となって情熱をもって邁進してまいります。そして、来年55周年へと繋げていきたいと考えます。

子供は親の愛情と地域社会の大人との関わりで様々な事を学び成長すると考えます。そこで河内長野青年会議所として、次世代の宝である子供達にとって、かけがえの無い貴重な体験を、メンバーが情熱と行動力を持って企画・運営を行い、次世代の主役である子供達と私達も共に成長できる取り組みを行ってまいります。
そして、目まぐるしいスピードで物事が変化していく中、我々は未曾有の事態であっても変化にしなやかに順応し、地域を牽引するリーダーとしての気概をもち、コロナ禍の中でリモートワークが進む中、河内長野青年会議所としてもリモートでの地域の魅力の発信を最大限に出来る環境づくりを目指してまいります。

最後に、私達を支えてくれている家族や友人、そしてメンバーへの感謝の気持ちを忘れることなく、誠心誠意、理事長という職をまっとうして参ります。

何卒、先輩諸兄姉並びに皆様のご支援とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。